担当医ブログ

ステロイドパルス療法~甲状腺眼症

甲状腺眼症に対するステロイドパルス療法(点滴)

甲状腺眼症である程度重症であると、特に視神経症を合併してしまうとステロイドの点滴療法の適応になります。
川越西眼科でのステロイドパルスのメニューとしては

1)ハーフパルス メチルプレドニゾロンの 1 回投与量 0.5gを3日連続、その後4日あける。これを1クールとして3クール行った後、内服に切り替え量を減らしていく。

2)メチルプレドニゾロン 0.5gを週 1 回 計 6 回、その後0.25gを週 1 回 6 回。

があります。安全性は高いのが2)、ただし視神経症でとにかく早くしっかり消炎するなら1)、で全身の状態・甲状腺眼症の状態によります。そのため様々な治療前の検査を行います。

当然炎症が強いからステロイドパルスの適応になるので、経過中は中心フリッカーや視力などをみて減圧や放射線療法まで必要かを判断しすし、MRIで炎症の治まり具合を時期を置いて確認します。

甲状腺眼症のガイドラインは2020年現在で最新のものは2018年度版で、ボトックスは保険適応外と書かれていたりして内容はちょっと古い部分もあります。しかし、参考になさっていただくといいかと思います。

電話番号:049-239-0777

診療時間

【診察時刻】

月~金:9:00~12:00、15:00~17:30
土 :9:00~12:00
日・祝:休診

 

【受付開始時間】

午前診療:8:45~
午後診療:14:15~

川越西眼科LINE始めました

LINEは主に急な機器のメンテナンスや医師・スタッフの欠勤情報をお伝えする目的で導入しております。特に斜視弱視の予約の方はこれから初診の方でも登録をお願いします。

平均月1~2回程度の情報発信になります。

PAGE TOP
Top