川越市霞ヶ関・鶴ヶ島・坂戸・日高・狭山の眼科~ 日帰り白内障手術・多焦点・網膜硝子体・緑内障・斜視・糖尿病網膜症・角膜手術・加齢性黄斑変性などなど高度医療提供の川越西眼科です。

近視の進行を抑制する点眼治療・マイオピン

  • HOME »
  • 近視の進行を抑制する点眼治療・マイオピン

近視の進行を抑える目薬をご存知ですか?

当院では、低濃度アトロピン点眼を1日1回点眼することによって近視の進行を抑制する治療を行っております。

低濃度(0.01%)アトロピン(マイオピン)はシンガポール国立眼科センターの臨床試験で、の近視抑制効果が証明されました。近視の進行が完全に止まるわけではありませんが、少なくとも2年間継続して使用することで、何もしない方と比べ近視の進行を60%軽減できました。マイオピン効果グラフ

※日本でも7大学(旭川医科大学、大阪大学、川崎医科大学、京都府立医科大学、慶応大学、筑波大学、日本医科大学)にて臨床研究が始まりました。当院の目薬も国内臨床研究と同じ目薬を使用しています。

 

子供のころに近視の進行を抑えるのが大切な理由

近視は網膜より前にピントが合ってしまう状況です。屈折性と軸性といわれるものがあります。屈折性は角膜・水晶体の光を屈折させる力が強く網膜の前でピントが合うもので、白内障で近視化するのはこれです。軸性は眼球自体が縦長になってピントが合う位置が網膜まで届かないもので、育ち盛りのころに進行するのはこれです。赤ちゃんは誰でも眼球が小さく遠視ですが成長に伴って眼球が大きくなり、正視や近視の方向に進みます。一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることがありません。そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するためには重要となります。
低濃度アトロピン(マイオピン)には眼軸長を伸展させる働きに関連するムスカリン受容体をブロックする効能があると言われています。

軸性近視

近視の治療方法

近視を治療する方法は幾つかあります。レーシックに代表される手術治療、オルソケラトロジーというコンタクトレンズを装用しての治療、そして進行を抑制する治療としてアトロピン点眼があり1960年頃から使用されてきました。

従来の副作用を克服した点眼薬「マイオピン」

1%アトロピンは1960年ごろから海外では近視治療用に使用されていましたが下記のような副作用がありました。

  1. 瞳孔がひらき続けることによる、まぶしさと強い光による不快感や目の痛み
  2. 目の調節機能(手元を見る作業)が低下し、近くの物がぼやけて見え、読み書き等近くを見る必要がある作業が困難になる
  3. アレルギー性結膜炎及び皮膚炎

そのため、これらの副作用を抑えかつ効果があるものということでシンガポール国立眼科センター(SNEC)で研究が行われました。アトロピン0.01%の効能・効果及び安全性の研究(点眼を2年間継続した後によるもの)では以下のように報告されています。

  1. アレルギー性結膜炎及び皮膚炎の報告はありませんでした。
  2. 眼圧(IOP:Intraocular eye pressure)に影響を与えないとの報告でした。
  3. 白内障を形成するとの報告はありませんでした。
  4. 点眼終了後も目の遠近調節機能の低下、また瞳孔がひらき続けてしまうという報告はありませんでした。
  5. 電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告はありませんでした。

マイオピンの特徴

  • 副作用がほぼ皆無の近視抑制薬です。
  • 近視の進行を平均60%軽減させると言われています。
  • 日中の光のまぶしさに影響を及ぼさないため、サングラスもほぼ不要です。
  • 目の遠近調節機能(手元を見る作業)に殆ど影響を与えません。
  • 毎日就寝前に1滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法です。
  • 目薬(1本5㎖)は両眼用で1カ月の使い切りです。
  • 点眼薬はGMP(医薬品製造管理および品質管理基準)準拠の工場で製造されています。

マイオピン治療の価格

マイオピンの治療は自由診療です。保険診療とは別日に行います。
健康保険や医療費助成制度は適応されません。

治療費用(検査・診察・薬剤費用)
初回治療費用 マイオピン1本 + 検査・診察 6,000円
1ヵ月後の治療費用 マイオピン2本 + 検査・診察 8,000円
3ヵ月ごとの治療費用 マイオピン3本 + 検査・診察 10,000円

マイオピン治療の流れ

※3回目の治療以降は、3ヵ月ごとの定期的な通院が必要です。

Q&A

Q:マイオピンの副作用はありますか?

A:7~8時間まぶしさとぼやけを感じることがありますが、必ず就寝前に点眼すれば、朝には元に戻ります。

Q:オルソレンズの併用は可能ですか?

A:オルソレンズとの併用も可能です。マイオピンをさしてから、5分以上時間をあけてオルソレンズを装用して下さい。

Q:近視が戻る事は、ないでしょうか?

A:レーシックの術後の戻りや、オルソケラトロジーの中断後のような戻りのイメージであれば、そういったものはないです。最近の研究では、2年以上点眼しなくても効果は維持できていますが、中断後再開したデータも出てきています。

Q:効果がない方もいますか?

A:残念ながら効果がでづらいと考えられる場合もありますが、そもそも低濃度アトロピン点眼は基本的に進行を抑制するものなので、治療していれば全く近視が進まないというものではないです。人間は誰でも赤ちゃんの頃は遠視で、近視の方向に育つものなのです。

Q:視力は回復しますか?

A:基本的には近視を進まさないようにする治療であり、視力を回復する治療ではありません。しかし、中には点眼開始後1-2か月で視力が回復する方もおられます。そういった方は調節緊張の要素があったものと思われます。回復した視力がずっと続くかは何とも言えません。近視の進行を防止し、視力が悪くならないようにするための治療とご理解ください。

Q:全身への影響はありますか?

A:現在のところ報告されておりません。

Q:どれぐらい続けるのですか?

A:人にもよりますが2年以上の継続をお勧めします。近視は以前は20代前半でほぼ進行は止まると思われていましたが、今は環境への感受性は30代まである(つまりそれまで近視が進む可能性はある)ともいわれています。シンガポールの臨床研究データがあるのが12歳開始で14歳まで続けた場合の効果ですが、中学生でも高校生でも使えます。

Q:子供が12歳を過ぎているのですが、治療を受けることは可能ですか?

A:はい、可能です。現在までになされている報告は開始時6~12歳を対象にしたものですので、臨床的なデータがありません。しかし、12歳を超えても近視は進行しますし、低濃度アトロピン点眼は近視の進行を抑える可能性があります。しかし、点眼後8時間程度は瞳孔に影響がありますので高学年になり点眼してから朝起きるまでが短くなると、朝のうち近くが見づらい・まぶしいといった症状を感じることもあります。

Q:メガネやコンタクトレンズとの併用は可能ですか?

A:はい、可能です。コンタクトレンズは外した後に点眼して下さい。

Q:気を付けることは何ですか?

  1. 最初は朝起きてきたらお子さんの瞳が開いていないか確認しましょう。もし瞳孔が開いていても通常の生活をしてかまいませんが、薬の作用が切れるまでまぶしさを感じる・いつもより近くが見づらい可能性があります。その場合、夜寝る前ではなく夕食の時など夜の点眼時刻を早めましょう。
  2. 絶対に点眼の使いまわしをしないこと。兄弟で使いまわしをすると感染症が発生することがあります。
  3. 点眼はかならず開栓したら一か月で捨てること。防腐剤が入っていますが、細菌は倍々で増えます。最初は少量でも後期では爆発的に多くなります。感染予防のために徹底しましょう。
  4. どんな薬でもそうですが、異常を感じたら点眼を中止し受診してください。

 

 

 

川越西眼科(川越市霞ヶ関・鶴ヶ島の眼科) TEL 049-239-0777 受付時間 8:40~12:30 13:40~17:30

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top