川越市霞ヶ関・鶴ヶ島・坂戸・日高・狭山の眼科~ 日帰り白内障手術・多焦点・網膜硝子体・緑内障・斜視・糖尿病網膜症・角膜手術・加齢性黄斑変性などなど高度医療提供の川越西眼科です。

緑内障の治療・手術

  • HOME »
  • 緑内障の治療・手術

緑内障

緑内障は網膜の一部の細胞が早くに死んでいってしまうことにより視野が狭くなり生活に支障をきたす病気です。進行すれば失明の恐れがあります。

緑内障の治療は、基本的に眼圧を下げることによって視野の悪化のスピードを遅くし、目の寿命を全身の寿命より長く保つ=失明を免れる ことです。緑内障であるという状態そのものをなくすことはできません。失われた視野は現在の医療技術をもってしても取り戻すことはできません。早くに見つけ治療を継続することにより、緑内障だけど自分の目で見て生活できたよね、となることを目指しましょう。

緑内障の治療

1.点眼・内服(薬物治療)

緑内障治療の基本は点眼治療です。最初は点眼薬1剤から始めますが、視野の悪化のペースが早ければ、もしくは十分な眼圧下降が得られなければ点眼薬を変更したり追加したりします。点眼数は2~3剤が限度で、それ以上増やしても眼圧が下がりません。それどころか、点眼薬による副作用で眼のふちがただれたり、様々な副作用が出現します。点眼を増やしても緑内障が悪化する場合や点眼治療の継続が難しい場合、内服やレーザー、手術をお勧めします。


2.レーザー

様々な緑内障レーザー治療がありますが、病気の状態により選択します。

  くわしい説明はこちら(準備中)

マイクロパルス毛様体光凝固は白目部分に上部分40秒、下部分40秒当てるだけです。麻酔をしますので、基本的には痛みはありません。

3.手術

緑内障手術もあくまで視野の悪化のスピードを抑えるために、眼圧を下げることのみ”が効果で、見え方を改善する治療ではありません。点眼治療で不十分な場合、点眼治療が継続不可能な場合などに実施します。

低侵襲緑内障手術(MIGS)

従来の緑内障手術より眼に負担のかからない緑内障手術、低侵襲緑内障手術(MIGS)と呼ばれる緑内障手術は、新しく開発された器具やステントを使用する行う手術です。MIGSの特徴としては、①切開の大きさが小さい②手術時間も短い、と眼への負担が少ない手術ですが眼圧下降効果は従来のレクトミーという手術の方が高いです。

   くわしい説明はこちら(準備中)

緑内障手術

眼への負担が少なく、短時間で手術が終了するMIGSだけで全ての緑内障が手術できれば良いのですが、①眼圧下降効果が弱い、②進行した緑内障は適応でない、③適応外の緑内障の病型があるなどの理由で、今まで行われていた緑内障手術を選択する必要がある時があります。

   くわしい説明はこちら (準備中)

緑内障に関するサイト

 当院で行っているマイクロパルス毛様体光凝固はまだ新しい治療のためガイドラインには載っていません。毛様体光凝固術として載っているものは連続発振のもので、マイクロパルスとは目的・効果が異なるものです。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top