川越市霞ヶ関・鶴ヶ島・坂戸・日高・狭山の眼科~ 日帰り白内障手術・多焦点・網膜硝子体・緑内障・斜視・糖尿病網膜症・角膜手術・加齢性黄斑変性などなど高度医療提供の川越西眼科です。

先進医療・多焦点眼内レンズの選び方

先進医療の多焦点眼内レンズ全てから選べます。

眼科によって1種類だけしか扱っていないところもありますが、川越西眼科では国内3社、全てのレンズから多焦点を選べます。

屈折型、回折型、アポダイズ回析、焦点深度拡張型(回折)。

でも、そんなにあると何で選ぶの?という疑問がわきます。

最近の多焦点の選ばれ方の傾向

最近の先進医療・多焦点眼内レンズのトレンドは低加入です。低加入とは、遠くと近く(近く部分:約30cmは老眼でいう+3Dというレンズ)ではなく、遠くと中間(遠くのレンズに付加するのは+2D:中間、大体50cm)。2017年からの傾向です。

2017年以前は圧倒的に遠近タイプが多かったです。中間はPCなどで必要とは言いつつも圧倒的に近くと遠くが日常では使うことが多いからです。

しかし、傾向が変わったのは、遠近の欠点であるハロー・グレア・コントラスト感度の低下のうち、コントラスト感度の低下に注目されてきているからです。

焦点拡張型と言われる多焦点がでてきて、「多焦点というより単焦点を進化させました・近くはものたりないけど割り切って近くはメガネ使ってください・コントラストは今までの多焦点程は落ちないです」という方向にシフトしています。

コントラスト感度とは、色・トーンなどがくっきりはっきり見える力のことです。

しかし、選択肢を示したうえでやはり遠近を希望の方には今でも遠近を入れています。

もともとの見方のくせと、夜の運転

多焦点をご希望の患者さんには詳細なアンケートをお願いしています。

レンズ決定に注意してみているのは

1まず多焦点のメリットがあるか。(適応があるのは大前提ですが)

患者さんによっては単焦点の方が満足度が高いこともあり。

2患者さんが希望した距離が、本当に患者さんの生活にマッチしているか

アンケートの中で矛盾している方もいて、重視したい部分と妥協してもいい(メガネ使ってもいい)部分をはっきりさせます。近くを見ることが長いから遠近、という方には反って遠中のレンズで近くは老眼鏡の方がはっきりするとご案内することもあります。長時間の刺繍や細かいものをはっきり見たいという方には実は遠近ではない方がコントラストがいいです。遠近はゴルフしながらスコアを付けるというような大体近くが見えればいいとか、スキューバダイビングの時に眼鏡なしで腕時計が見られないと、というような希望の方に向いています。

3距離の他に日常生活

屈折型は理論上光のロスが0%で実際に片目に焦点拡張型・片目に屈折型を入れた方は屈折型の方が明るい、とおっしゃいます。しかし夜の運転を日常的にする方には焦点拡張型の光のぎらつきが抑えられるメリットがあると思われます。必ずしも左右同じレンズを入れる必要はなく、わざと欠点を補うように左右別のレンズにすることもあります。川越西眼科では一人一人の日常生活に合わせて、を重視しているので、1種類の多焦点しか扱っていませんというわけにはいかないのです。

詳しいことを言いだしたらきりがありませんが、ひとりひとりに合わせてカスタムメイドの医療を、と意識しています。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top